撮影日 2018/10/10
タイトル ダイモンジソウ
コメント 山水の落ち口周辺、ダイモンジソウが咲き誇っています。

2・30メートル離れた場所にMがダイモンジソウの株を植えた経緯はありますが、この場所には手を施していません。

種が飛んで自生したものと思われます。
元々、湿気のある岩上に咲くものらしく、その意味では最適の場所と言えます。
周りの苔の中にも無数の若芽が育っていて、今後さらに勢力を伸ばすと思われます。

英語名はRockfoil、「岩の引き立て役」という意味だそうです。
ぴったしです。
英国人に「Bigcharacter」の発想は起こりえません。
戻る